コーポレートガバナンス

コーポレート・ガバナンスに関する基本的な考え方

当社は、「お客さま」「地域社会」「株主」「従業員」といった全てのステークホルダーからの信頼を将来に亘って維持・向上させるために、コーポレート・ガバナンスの確立を経営の最重要課題と認識し、コンプライアンス体制の構築を推進しております。
当社は、公正・迅速かつ透明性の高い経営体制を構築し、内部統制システム及びリスク管理体制を強化することを通じて、持続的な成長並びに中長期的な企業価値の向上に努めてまいります。

現状のコーポレート・ガバナンス体制の概要

当社では、常勤の取締役及び監査役で構成し、毎月開催される要務役員会の決議を経たうえで、社外取締役2名及び社外監査役2名を交えた取締役会において、経営方針その他の重要事項が審議・決定されます。このほか、常勤取締役及び監査役並びに主要部門長で構成する部長会において、月毎の業績の進捗状況を報告・検証しております。

また、内部管理面におきましては、有限責任監査法人トーマツを会計監査人として選任し、四半期毎に財務諸表等の監査証明を受けているほか、内部監査を実施する監査室を設置し、内部統制の実効性を高めております。

なお、当社は、内部統制推進業務・金融・財務に関する専門的知識を有する社外監査役2名を交えた3名の監査役で構成される監査役会設置会社であります。現在においては、当該監査役の職務を支えるスタッフは設置しておりませんが、監査役からの要請に応じて、取締役の指揮命令を受けない有能な人材を設置することができる旨を当社の内部統制の基本方針に定め、監査役の機能強化に関する体制を整備しております。

コーポレートガバナンス体制図