100年ものがたり

写真・年表に見る京都ホテル100年の歩み

1901(明治34)年―1910(明治43)年


1901
(明治34)年

●2月6日 ロシアの皇族アレクサン ダー・ウォルコンスキー親王同妃殿下、来館
●5月26日 山階宮菊麿王殿下、京都ホテルに来館
●5月 也阿弥楼、株式会社也阿弥ホテルとして再出発(社長・大沢善助)。京都の3大ホテル時代を迎える
●7月29日 シャム国公使来京、本願寺差し回しの馬車にて同本山に至り両法王と面会、いとまごいの挨拶後、京都ホテルにて午餐
●9月2日 華頂宮博恭王殿下、来館
●11月21日 大浦警視総監、来館

■この年、京都の外国人観光客は約4,000名、また京都ホテルの宿泊者総数は2,198名

 

<1901-1910>

■世相

日清戦争に引き続く日露戦争を勝ち、日本の意気は大いにあがる。

条約改正も一段落、対外的な地位の向上が逆に足元を見つめる結果になったが、社会問題・労働問題のクローズアップが始まる。

一方、国策担当者の目は、朝鮮へ中国へ。

スクリーンでは、怪盗ジゴマが活躍していた時代である。



■流行語

・アジアは一つ
(岡倉天心の著書から)
・諸君
・いわく「不可解」
(藤村操の「厳頭之感」)
・君死にたまふことなかれ
(与謝野晶子)
・ジンタ
(仁丹が楽隊付きの宣伝をしたことに由来するという)
・オタンチン
・デカンショ
・ハイカラ
・ヒステリー
・カフェ


1902
(明治35)年

●1月18日 在京法学士会の第1回総会、京都ホテルにて開催
●3月5日 新旧知事送迎会を開催
●3月25日 第4回探西会総会、京都ホテルにて開催
● 6月5日 京都ホテルに滞在中のアメリカ陸軍大将ウード・フチード氏、疎水を遊覧する
● 7月7日 京都市有功賞受賞8名、午餐会を市長主催にて京都ホテルで開く
● 7月 都ホテルの経営危機、銀行差し押さえを受ける
● 8月13日 京都商業会議所の第5回博覧会委員会を開催。入洛外国人の宿泊受け入れについて議事する
● 8月26日 小松宮殿下に随って来京の長崎式部官、来館
● 9月 8日 閑院宮戴仁親王殿下、松井家令・西沢家従を随えられて来館
● 9月13日 清国皇族戴振殿下、来館
●11月14日 イタリア皇室侍従男爵アデルホート氏及び同夫人、再来京、来館

■日出新聞に「外人と京都」連載京都3大ホテルの比較論


1903
(明治36)年

● 1月2日 シャム国皇太子殿下、来館
● 4月 第5回内国勧業博(大阪)、京都の各ホテルも活況
● 5月24日 戴振殿下、随員20余名を従えて来館
●12月 7日 インド王族マハラジャー・オブ・ガバラダー殿下、同妃殿下一行、来館
●12月 クリスマス晩餐会開催

■4月の京都宿泊外国人は1,549名、107万円余の経済効果


1904
(明治37)年

●2月 日露戦争勃発で、京都観光業界は苦境
●5月21日 京都駅弁入札、京都ホテルに落札
●6月23日 京都駅構内に洋食店開業
●10月12日 ドイツ皇族カール・アント・フォン・ホーヘンツォルレルン殿下、宮内省出張馬車にて来館

■也阿弥ホテルは決算報告で大幅減収報告


1905
(明治38)年

● 4月22日 閑院宮殿下、ドイツ皇族アントン親王殿下入洛、来館
●10月8日 英国東洋艦隊司令長官ノーエル大将、夫人・令嬢らと来館
●12月10日 北里博士、京都医師会の招待で入洛、講演後有志による晩餐会を京都ホテルにて催す
●12月 東郷平八郎大将、京都駅上の「京都ホテル」洋食店で食事

■日露戦争の勝利に伴い、外国人観光客増加のきざし。1〜3月の外国人宿泊は、1,787名に及び夏期も衰えず


1906
(明治39)年

● 1月17日 清国出洋大臣戴振殿下一行、来館
● 2月20日 国賓として来日されたイギリス皇族アーサ・オブ・コンノート殿下一行、来館
● 4月18日 也阿弥ホテルから出火し、近隣6棟延焼の大火となる
● 4月19日 イタリア皇族ウジッチ殿下一行、来館
● 5月13日 シャム皇族一行、来館
● 5月 京都倶楽部で也阿弥ホテルの臨時株主総会
● 7月4日 松尾日銀総裁歓迎会の開催
● 8月 井上万吉氏死去(61歳)。加納治五郎氏他数名の慰労会、開催
● 9月18日 ドイツ皇族ルイス公、来館
●12月18日 インド王族カイクワード王、来館

京都3大ホテル時代の最後


1907
(明治40)年

● 2月24日 イギリス公爵ブレーフヒーア氏、来館
● 2月28日 山階宮菊麿王殿下、来館
● 3月 7日 アフガニスタン王サーダ・マホメット・オブニブカン殿下、来館
● 3月11日 伊藤博文韓国統監、来館
● 5月 8日 救世軍ブース大将、来館
● 7月13日 日仏協約祝賀晩餐会、京都ホテルにて開催
●10月 3日 アメリカ陸軍卿タフト夫妻、来館 ●12 月 2日 清国答礼大使・溥倫靱殿下、来館
●12月10日 韓国答礼大使・完興君李戴氏、来館。伊藤博文韓国統監主催の午餐会を京都ホテルにて開催
●12月25日 神戸・横浜各地方からの外国人を招きクリスマス会開催
●12月 別館(客室数30室)を増築

■内外の貴顕紳士の宿泊相次ぐ


1908
(明治41)年

● 1月10日 伏見宮博恭殿下、来館
● 5月18日 自動車にて世界一周のハンセン大尉、来館
● 8月 4日 コッホ博士夫妻、北里博士と来館
●4月 内国勧業博が開かれ、100万人を超える入場者でにぎわう

■4月前後の在京都外国人観光客60余人。花見客の増加

■12月の観光外国人の状況40余名


1909
(明治42)年

● 2月 京都ホテルで女子給仕を募集。年齢16歳〜25歳
● 3月 都ホテルと合同で琵琶湖周遊計画をたて滋賀県庁に出願
● 9月28日 梨本宮守正王、同妃両殿下、来館
●12月 クリスマス晩餐会開催。旧館(客室数20室)を改築

1910
(明治43)年

●1月2日 アメリカ世界一周大観光団の到着(団長クラーク氏)総660人が京都・都の両ホテルに分宿
● 3月6日 第2回アメリカ大観光団在京。205人が京都ホテルに来館
● 3月26日 清国載濤殿下、来館
● 4月30日 オーストリア、ハンガリー貴族ケーゼルリッヒ、プロメ両伯爵他、来館
● 5月 5日 インドのバロダ国王、妃殿下、王女殿下他、来館
● 6月28日 インドのマルジュー国王モーレハンチ殿下、来館
● 6月30日 アメリカ陸軍卿ジッキンソン氏、夫人、令嬢、来館

■この頃、外国人の京都観光は春先がピーク。都をどり、二条離宮、保津川下り、葵祭、祇園祭など人気

 


「京都ホテル100年ものがたり」サイト内の内容の全部または一部を無断で複製・転載することはご遠慮ください。
京都ホテルグループ
〒604-8558 京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537-4
TEL/075-211-5111(代表)

Kyoto Hotel Okura

KARASUMA KYOTO HOTEL

Copyright © 2010 THE KYOTO HOTEL,LTD. All Rights Reserved.