100年ものがたり

第一部 前史編

10.フェノロサ夫妻

話は少し飛んで、明治29年になりますが、日本美術の海外紹介に大変功績のあったフェノロサが、 新妻と友に京都で1ヵ月ほど、二条橋詰めの「常盤」を借りて住みました。

 

feno.jpg
フェノロサ夫妻
フェノロサは、明治11年、お雇い教師として東京大学に迎えられ、政治・経済・哲学などを教えるかたわ ら、日本の美術の独自性を高く評価して、日本美術の復興を指導しました。岡倉天心とともに東京美術学校の創立に参加しています。12年間滞在して、いった んアメリカに戻り、ボストン美術館の美術部長として活躍しました。明治29年に再び、新妻メアリーさんをつれての来日なのでした。

 

 

メアリー夫人は詩人でもありました。大変詳しい日記を書いております。京都大学の村形明子助教授がその日記を翻訳され、昭和56年から京都新聞に 『フェノロサ夫人のニッポン日記』として連載されました。夫妻が京都に住んだ借家を、メアリーは日記の中で「トキワテイ」と呼んでいます。別の作品に『ト キワテイからの眺め』があり、2階の縁側から周辺の様子を描写しておりますが、それによっても、「トキワテイ」は明らかに 「常盤別荘」であったことがわかります。

日記からは、詳しい間取りまではわかりませんが、純和風の2階建てで、2階を二人の寝室と居間に、ボーイたちは階下に寝泊まりしています。家賃は100円でした。『トキワテイからの眺め』の一部をご紹介します。

 

2階正面全部と両側面に半分ほど走る3フィート幅の縁側に座って、まっすぐ東を向くと、まず目に入るのはわが家の庭……左手はきれいな茶室、右手は高い板 塀と四角に刈り込んだ同じ高さのまばらな生垣でしきられている。
庭自体は真価を発揮するにはまだ新しすぎる。地面には粘土が目立ち、庭石とこけ、4基の石灯籠はまだしっくり周囲にとけ合ってはいない。何種類もの喬木や 灌木、20フィートもある松木立、楓、1種のモミ、ひょろ長い杉と勢いのよい桜、梅、たくさんのツツジ、ハギ、私が名を知らない多くの常緑樹。

最大の魅力は鴨川からひいた遣り水で、庭の中心部に島を作り、お勝手の入り口の外で急流となり、垣根の下を くぐって隣の粉屋の水車を回している。この流れがあるために、いつ見ても絵画的な小アーチ形の石橋が幾つか必要になり、又早瀬が曲水に変わり、川幅最大の淀みを作っている部分を渡るのに大きな踏み石3基が必要なのだ。

残念なことに、この庭の境界には塀があって視界を遮っているが、鴨川は川幅が広いため、塀の上方になお青い 流れの一部が細長く見えている。灰色の河原で、染物屋の老人が果てしなく長い帯状の木綿布をさらしている。その向こうには、川面より数フィート高い小さな 堀り割りに沿って草の茂った土手、そして堤防の灰色の石垣がある。

堤防の上には、今を盛りの見事な柳並木が白い小路に影を落とし、ペンキをぬっ ていない黒ずんだ2階建ての瓦ぶきの低い家並みを、半ばおおい隠している。私たちの家のほとんど間正面にあたる所に傘屋があり、白い縞模様の入った見苦し い赤い柄なしの洋傘の看板が掛かっている。終日、紺の着物姿の日本人、クーリー(苦力)の引く重荷を積んだ長い二輪車、威勢のよいジンリキシャ、こざっぱりした警察官、竿に籠を二つ抱えた行商人、散る花びらのような子供たち、それに時たま冒険好きの外国人が、好奇の目でつきまとう群衆を従えて通る。

夜になると、人力車の提灯が飛ぶよう に揺れ、小さな店々の灯が静かにまたたく。少し右手に二条橋があり、これを渡った反対側のたもとに 立派な寺院が 破風のある屋根を連ねている。狭い街路や柳並木、黒ずんだ小さな家並みの上には、悲しいかな、むくつけき煉瓦造りの工場の煙突がそびえている。その向こう に去年の博覧会場だった玉ねぎ形の塔が 2つ、少し右手には中国風の美術展覧会の建物が、赤の緑にきらめいている。

これら世俗的景観の彼方に、真の美が立ち現れる。
………こんもり繁る木立の中の古塔や伽藍の屋根、山腹をよぎる紫の陰り、屋根の松の細やかなシルエット、山頂の「大」文字やそこかしこに斑点のように光る 赤い粘土の地肌、そして左手にそびえる比叡山。

すべての上に君臨する光と影、霧と雨と暁とたそがれの魔術………ここから、朝日は黄金の林を掲げ、京都の街に光を降り注ぐ。ここから円い月………夜のむらさきの袖をかざる銀白色の紋、とび交う星の矢のさ中に閃く盾………が昇る。千変万化の様相を示しながら、永遠の稜線を誇るこれらの山々は、京都の栄光であり、その昔の栄華の砦なのだ。

南側の縁側から見ると、瓦ぶきの小屋根の下は敷地の端の部分と遣り水で、醜い黒塀と高い生垣、その向こうの空き地と二条通りしか見えない。この空き地が私たちの家の両側面を開放し、風通しをよくしているのだ。

二条通りには、橋から約50フィートの所に電車の終点があり、10分から15分ごとに電車………屋根は白く、ガラス窓のついている両側面が青い………が止まる。

手旗をもった半裸の少年があたふたと駆けまわり、降りた乗客は道を急ぐ。白い軍帽と手袋に紺のフランネルの制服姿の車掌と運転士は、電気レバーを電線から 引き下ろし、方向転換してからそれぞれの持ち場に飛び乗り、チンチンと鐘を鳴らして、再びすベるようにして行く。
shiden.jpg
明治20〜30年頃の市電風景
 
 
<『フェノロサ夫人のニッポン日記』>
 

前田又吉が力をいれていた「常盤」の庭が、メアリーには気に入ったようです。

 


フェノロサ夫妻

Earnest F.Fenollosa(1853 〜 1908)
アメリカの哲学者・美術研究家。明治11年来日、美術学校創設など日本画復興に助力。明治17年、19年の入洛は京都の若い画家に、大きな刺激を与えた。

立派な寺院

おそらく頂妙寺か。(左京区仁王門通新麩屋町西入ル)日蓮宗本山。

玉ねぎ形の塔

明治28年岡崎で開かれた第4回内国博覧会後、施設の一部であった美術館(神宮境内東南)、岡崎町博覧会館(岡崎グランド)が残され、その後も種々の展示場として利用された。

電車

博覧会場見物客輸送のために京電(のちの市電)が敷設された。当時の路線は七条停車場−木屋町二条−南禅寺、木屋町二条−新丸太町−府庁前−堀川中立売、七条東洞院−東洞院塩小路、塩小路高倉−中書島。
運賃1区2銭。速力は約10キロ。

もどる


「京都ホテル100年ものがたり」サイト内の内容の全部または一部を無断で複製・転載することはご遠慮ください。
京都ホテルグループ
〒604-8558 京都市中京区河原町通二条南入一之船入町537-4
TEL/075-211-5111(代表)

Kyoto Hotel Okura

KARASUMA KYOTO HOTEL

Copyright © 2010 THE KYOTO HOTEL,LTD. All Rights Reserved.